パチスロの勝ち方

波の荒いパチンコ機種は、計算どおりに勝つことはできない

パチスロやパチンコを副業とするなら、なるべく波がおだやかな機種がいいと思います。

ワクワクドキドキするのが目的なら波の荒い機種がおすすめですが、お金を確実に稼ぐならこれは避けるべきです。

遊んだ上で勝てるなら何でもいいという人ならともかく、「副業」という目的なら、少なくとも毎月利益を出したいと思うでしょう。

僕自身も、昔は遊びの延長でしたが、副業として意識し始めた時から、コンスタントに利益を出したくなりました。

副業なので、毎月の給料と合わせて「月収」と考えて、プラスになることが前提ですから当然です。

ギャンブルを副業としている以上、さすがに毎回、毎日プラスにするのは無理でも、ある程度時間が取れるなら、毎月プラスは狙いたいところです。

数字的な理論では、波の荒い機種も期待値を稼ぐのに有効ですが、とにかく収支が荒れるので勝てている実感がありません。

波の荒い機種を避けるべき理由を自分の経験を元に説明してみたいと思います。

ゴッド系機種の収支

この記事を書いている時点では撤去直前ですが、ゴッド系の機種(パチスロ)は天井狙いの期待値がかなり高くて、数字の面ではかなり甘い機種です。

でも実際に勝てるかとなると、簡単ではありません。

「期待値は数字」で、とことん続ければ必ず結果は出ると思います。

でも、元々確率分母(初当たりの確率)が大きくて、時々(稀?)に連荘することで期待値があるだけで、ほとんどの場合が現実的な枚数しか出てきません。

ゴッド系の機種がいくら爆発力があるといっても、5000枚、万枚が10回の初当たりで1回取れるようなことはないんです。

こういった波の荒い機種での収支プラスのイメージは、言葉で表すと、毎回1万円ずつ負けて、50回目の当たりで60万円稼ぐような感じです。

僕はゴッド系の機種は演出が好みでないのもありますが、期待値どおりに稼げないことも遠慮している理由です。

実際、僕のゴッド系機種のうち、「凱旋」の収支は、相当期待値のある段階でしか打たないのに、6万円超ほど負けています。

長年設置してある機種なのに、合計で40回ほどしかチャレンジしていませんが、1回当たり1500円負けている計算です。

天井狙いで800ゲーム以降でしか打っていないのと、基本的に即ヤメなので、等価交換なら1回あたり4000円程度稼げるはずです。

もちろん、もっと積極的に打って回数を重ねれば結果も付いてくると思います。

でも、問題は、繰り返し打っても収支がプラスで安定しないことです。

凱旋をメインに立ち回ると、期待値的にはプラスでしょうが、実際の収支はマイナスで推移します。

期待値を絶対的な数値として考えるのは正しいので、これを主張されるとぐうの音も出ませんが、毎月の利益を求めるなら期待値が最優先という考えを見直すべきです。

専業の人だと時間があるので、結果が出るまで試行回数を稼げますが、サラリーマンの様に時間に限りがある人は、かなり長期間マイナスの状態が続きます。

副業である以上、少しずつでもプラスになっていく方が、精神的にも安定しますし、稼げている実感が持てます。

副業と同時に楽しさもあるので、否定はしませんが、波の荒い機種をメインにする場合は、長期で利益が出ないことも覚悟しておく必要があります。

さらに安定しないパチンコのミドル機種

パチスロの波の荒い機種もコンスタントに勝つのは難しいと思います。

もっと難しいのはパチンコのミドルタイプです。

昔は400分の1のマックスタイプがありましたし、その前には初当たり500分の1の機種もありました。

その時代に比べると当たりも軽くなりましたが、それでも320分の1くらいの確率です。

これくらいなら、パチスロとそんなに変わりませんが、パチンコは消化が遅いです。

パチスロはその気で回せば、一日8000回転くらいは普通に可能ですが、パチンコの場合は2000回転ほどが限界です。

試行数の少なさは、収支が荒れる原因になります。

現行の機種で一番荒れる機種だと、真北斗無双が代表格ですが、僕の収支はボロボロです。

僕の場合、20回転/千円を基準に打っていて、持ち球無制限のお店で数年打ち続けていますが、30万円ほど負けています。

これは、過去8年間でパチンコ・スロット合わせて100機種以上打った経験がある中で断トツの負け額です。

もともとこの機種のスペックは甘くて、17回転程度がボーダーラインです。(等価交換)

しかも、この機種に関しては時短、確変中は止め打ちもしていてプラスが出ているのに収支がマイナスなのです。

機種のスペックや演出の楽しさもあって、負けていながら打ち続けていますが、一向にプラスに転じません。

個人的には全く納得がいきませんが、これが現実です。

こういう例の様に、パチンコやスロットを打つと、なかなか確率どおりには行かないものです。

場合によっては長期間、高額な負けが続く可能性だってあります。

ただ、こういうことは確率分母が大きく、試行回数が少ない機種に起こりやすいのは間違いありません。

実際、真北斗無双と同じ位打ち続けている羽根物では、マイナスになった月はほとんどありません。

おわりに

あくまで本人の自由なので、好きな台を打てばいいと思いますが、副業として毎月利益を取りたいなら、今の機種選びも見直してみるのもいいかと思います。

「パチンコ・スロットが好き」から、「副業として稼ぐ」ことの違いは、お金に対して冷静な判断ができるかによります。

期待値も大切な理論ですが、収支の安定も重要です。

機種選びも好みや直感ではなく、いろいろな目線で考えて見ましょう。