仕事

転職したい10代、20代のあなたへ 別の業界も選択肢に入れてみよう

会社勤めをしていると、若いうちはどうしても給料が少ないですよね。

中小企業だと、20代前半なら、手取りで15、6万円くらいの人も珍しくないと思います。

実家暮らしなら比較的余裕があるかもしれませんが、1人暮らしだと生活費だけでなくなってしまって、貯金どころではないでしょう。

そんなあなたは、

「転職しようかな?」

と考えたりしませんか?

ちょっと待ってください。簡単に転職してはいけません。

「最低でも3年は勤めるべきだ」

とか、

「若いうちはお金にこだわらず、がんばるべきだ」

というつもりはありません。

が、転職する前には、いろんな方面から、未来の自分を想像してみましょう。

ぼくが若い頃に考えておけば良かったと後悔していることを中心に、転職について考えてみます。

業界について考えてみましょう

あなたには職種を選ぶ自由があります。

転職しようとするあなたは、無条件に同じ業界の中で会社を選ぼうとしていませんか?

多分、そのほうが採用されやすいとか、抵抗なく仕事ができそうというのが理由でしょう。

でも、それってかなり消極的な理由ですよね。

世の中にはいろんな仕事があって、選択の自由もあります。

また、あなたはまだ若くて1からチャレンジする時間的な余裕もあります。

なのに、あえて、今までと同じような仕事を、仕事始めに安心できるという理由で選ぼうとしています。

その仕事が本当に好きで、一生続けていたい、でも、会社を移るのは心配だというなら、今の仕事を続ければいいのではないでしょうか

転職したいというのは今の会社に満足していないわけで、似たような環境を求めるあなたは、きっと次の会社でも同じような不満を持つことになるでしょう。

違う業種も考えてみてはどうでしょうか?

給料体系は同じ業種では似たようなもの

同業者でも、給料の差はあります。

でも、同じくらいの規模、レベルの会社なら、それほど大きく変わりません。

給料というのは、同じ商品やサービスを取り扱う以上、競争原理から売値も同じくらいになり、売値が決まる要素である人件費もだいたい同じです。

なので、同業の会社を選ぶ時点で、それほどの差は無く、初任給が高いと思ったら昇給やボーナスが少ないとか、実は交通費が出ないとか何らかの理由があるはずです。

転職サイトを見ながら、一生懸命検討しても、給料については、入ってみないとわからないことが多いでしょう。

面接でお金のことを根掘り葉掘り聞くのも現実には難しいですからね。

目の前の条件に惑わされず、同じ職種なら大きな違いはないと思っておきましょう。

業種による給料格差

実は、この業種の違いは、給料の違いが大きく出ます。

ためしに、年収、業種、ランキング等のキーワードで調べてみてください。

平均年収が業種ごとに異なっていることがわかります。

求人広告の額面は、あくまで採用時のもので、将来的にどれほど給料が増えるのかまではわかりませんから、やはり平均年収のいい業種を選んだ方が無難です。

今と違う業種を選ぶのは抵抗があるかもしれませんが、意外と最初のイメージとは違うかもしれません。

転職の理由が収入面なら、違う業種を前提に選ぶことをお勧めします。

自分へのハードルを下げない

平均年収の高い業種は、自分には無理だと最初から諦めてしまうかもしれません。

さすがに年収ランキング最上位クラスの業種は専門の資格が必要だったりするので無理がありますが、そうでなければ1から勉強することもできます。

自分は初心者だから、最初から初心者歓迎、条件不問等の言葉のあるところから選びたくなるかもしれません。

最初の段階で会社から歓迎されると安心かもしれませんが、初心者歓迎という言い方は、裏を返せば誰でもいいということです。

誰でもいい仕事は、それなりの給料しか貰えませんし、いつ辞めてもいい人材ということです。

自分が一生働くかもしれない職場を選ぶのですから、今の力で通用するか?ではなく、将来的に会社に貢献できるか、自分にスキルが身に付くかも判断材料に入れましょう。

よほど特殊な業界でなければ、同じくらい年齢の人ができているのですから、あなたにもできるはずです。

自分を低く評価して、必要以上にハードルを下げると、スキルもお金も将来性のない仕事をすることになってしまいますよ。

収入額について

初任給は当てになりません。

求人広告には、月給や賞与のことが載っています。

学生時代のアルバイトであれば、時給の良い方を選ぶのは正解だと思いますが、社会人となると違ってきます。

どの業界も初任給にはそれほど大きな差は出ません。

特殊な業界は別ですが、初任給で10万円を切るような会社はありませんし、逆に50万円もらえることもありません。

だいたい、少なくて15万円くらい、多くて20数万円といったところでしょうか。

額面だけを見ると、高い方が魅力的なわけですが、この金額の違いは、長い目で見るとあまり意味がありません。

初任給20万円で始まっても、10年後に同じ金額では低所得者のままですし、逆に初任給15万円でも10年後に30万、40万円になっていれば生活にゆとりが出てきます。

他に判断材料がないため、どうしても最初の額面を気にしてしまいますが、あまり過剰に気にしないほうがいいでしょう。

それよりも、その業界、業種の平均的な収入を調べて、将来的にどの程度稼げるのかを計算した方がベターです。

ちなみにぼくが20代で就職したのはサービス業で、初任給から手取りで20万円以上ありましたが、昇給がほとんどなかったので、今では辞めてよかったと思っています。

日本は工業国

ぼくは若い時にサービス業から工業系メーカーに転職しましたが、いろんな面でメーカーというのは恵まれているなと感じます。

昔の家電メーカーのような勢いはありませんが、それでも日本の工業製品は世界で高い評価を受けていて、そこで働く人は当然その評価の恩恵を受けることになります。

ぼくが勤めていたのは、サービス業の一部でしかありませんが、拘束時間が長くて、休日も少なく、給料もそれほど多くありませんでした。

それは、決してそこで働く人のレベルが低いからということではなく、業種による差なのだと思います。

サービス業は、体力も必要だし、お客さんの対応でストレスも感じます。

また、早朝、深夜の業務に就く可能性も高く、長く勤めるのはかなり辛いでしょう。

もちろん、メーカーも大変ですが、待遇と収入のバランスを考えると、メーカーの方が優位だと思います。

やはり、日本は工業国で、これまで日本という国が得た高品質への信頼などが業界への待遇につながっているのです。

サービス業が転職の選択として間違っていると言いたいわけではありません。

ただ、収入や待遇には業種ごとに限界があり、それは個人の努力ではどうしようもない現実で、これを知った上で選ぶべきだと思います。

おわりに

転職をするなら、十分に調べてからにしましょう。

今は、ネットで何でも情報が手に入ります。

どうしても今の自分ができそうな仕事を選んでしまいますが、これから身に付ければ十分という考えで今の仕事と関係ない業界も選択肢に入れてみてください。