パチスロの勝ち方

パチスロで打てる台がないことが増えてきた 対応策を考える

仕事帰りや休日にホールに行っても、打てる台がありません。

6号機の傾向として、止めどきがはっきりしていて、正しい情報も広がってしまったせいか、利益を出せるほどの台が空かなくなっているようです。

設定状況も6号機導入直後はホールも危機感からか比較的投入していましたが、時間経過と共に完全に落ち着きました。

最近ではコロナウイルスの影響でお客さんが少なくなり、利益確保のために高設定を入れられなくなっているようで、僕の行きつけのホールもまったく勢いはありません。

こんな状況で普段と同じ立ち回りをしていたら、確実に負けるので、何か対応を考えたいところです。

他の人も同じ状況ですよね?

打たない

対策とはいえないのかもしれませんが、これが本質的には一番の方法です。

パチスロで今現在勝てている人なら分かると思いますが、パチスロで勝つために必要な能力は、「我慢すること」ですよね。

計算上、打てば負ける、大して稼げないという時に、打たないでいられるかが差になってきますから。

パチスロは楽しい遊びでもあるため、せっかくホールに足を運んで、打つ台がないときに我慢するのは精神的に辛いものです。

ただ、パチスロで勝てない人と勝てる人の差は、この「我慢」の差がほとんどです。

打てる台がない状況が増えたことは、負ける機会が増えていることと同じですから、状況に巻き込まれないためにも、打たずに我慢することは最適な対処法です。

別の稼ぎ方を検討する

現在の「打つ台がない」という状況に危機感を感じている打ち手は多いと思いますが、個人的に、この傾向は、これからも続いていくと思います。

というよりも、そもそも天井機能がなくなる可能性もあるわけで、そうなれば今までとは同じように稼ぐことはできなくなります。

この先の状況を考えると、もうパチスロやパチンコという、ホールで稼ぐこと以外も考えておくべきです。

このブログで何度も書いていますが、パチスロは目的ではなく、単なる手段なので、これで稼げないなら、別の方法を考えるだけのことです。

ぼく個人としては、最近ではクラウドワークスでライティングを試していますし、何よりこのブログも基本的にはお金を稼ぐ目的で始めました。

文章を書くのに抵抗がないなら、ブログの運営やライティングの受注を試してみてはどうでしょう?

クラウドワークスやランサーズといったライティングのクラウドソーシングは、好きな時間にできて、即金性もあるので、パチンコ・スロットとの併用が可能なのでお勧めで、ぼくはクラウドワークスを利用させてもらっています。

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

他にも、動画系で情報発信するならYouTubeもありますし、せどり(転売)や単純にアルバイトするのも良いと思います。

「副業」、「おすすめ」というワードで検索すると、いろんな副業が紹介されているので、自分に合ったものを探してみるのもおもしろいですよ。

なんにせよ、お金を稼ぐ手段として、興味のあることは何でもチャレンジしてみることが大切だと思います。

やってみないと何にも始まりませんから。

パチンコを覚える

「ホールに行って打たずにいることができない」

我慢するように努力して欲しいところですが、「どうしてもできない」、「絶対に無理」という人は、パチンコを覚えてみてはどうでしょうか?

パチスロとパチンコでは、勝ちやすさで言えばパチスロの方が断然上なので、パチスロ以上にパチンコで勝つのは簡単ではありません。

ただ、パチンコの場合は、消化スピードが遅いので、適当に打っても、負け額はパチスロよりは少なくて済むでしょう。

パチスロの代替として、いきなり負けを前提にするのもどうかと思いますが、パチスロで無謀な設定狙いをするよりは断然マシです。

それにパチンコには、羽根物や甘デジのように当たり確率が低い機種もあるため、さらに負けを減らす対策が採れます。

稼ぐとなると、現状では釘の優秀な台がなかなか見つからないため、難しいのですが、稀に開けてくれることもあるので、回転率を稼げればパチスロ以上に勝つ可能性もありますし、細かな技術介入要素が多いので、身に付けば、素人との差が出やすいメリットもあります。

絶対数は少ないですが、パチンコで稼いでいる人もいるので、一から勉強しておけば、もしかしたら、パチスロに替わってパチンコが副業にできるかもしれません。

打てる選択肢は多いほうが当然有利ですしね。

レートの変更

パチンコ・スロットには、お店によっては低レートが用意されています。

ぼくは、利用しませんが、低レートに変更すれば、負ける金額が少なくて済みますから、空き台待ちでどうしても何かしら打っていたいなら、5スロや1パチで時間を稼ぐのも良い作戦です。

5スロに関しては、お金の重要性が低いせいか、わりとプラスになる台も落ちていたりするので、20スロだけでなく、5スロのシマも見ておくと良いかもしれません。

4分の1のレートでは稼げないと思うかもしれませんが、高レートで損失を出すよりはマシです。

5スロや1パチで、打ったことのない機種で打つ台の幅を広げておくと以降の選択肢も増えますね。

趣味を持つこと

パチスロをはじめ、ギャンブルはそれ自体が楽しいので、のめり込んでしまう人が多いでしょう。

お金を賭けるということは、とても価値のあるものを得たり失ったりするわけで、とても刺激が強いのです。

でも、世の中にはギャンブル以外にも楽しいことはたくさんあります。

これだけパチスロを打てる機会が少なくなってくると、ある程度まとまった時間ができることもあるので、稼ぐことを一旦やめて、楽しむことを考えてみてもいいかもしれません。

自由な時間があると、どうしてもホールに足が向いてしまうなら、事前に誰かと約束をして、無理にでも違う遊びに出かけましょう。

ギャンブルは、始めるとそればかりになりがちなので、時々違う遊びも入れて偏らない工夫をすることも必要です。

そうしないと、いつの間にかギャンブルしかしない、ギャンブルしか趣味がない、パートナーや友達もいない、孤独な人間になってしまいますよ。

ギャンブルは、目的でなく、手段にしましょう。

おわりに

パチスロで打つ台がないと言う状況は、今まで稼いできた打ち手にとっては深刻です。

でも、こればっかりは、自分で環境を変えられるものでもないので、自分を環境に合わせるしかありません。

ネットでは、最近のホール状況を、「稼げない」、「勝てない」、「つまらない」といった、ネガティブな意見が多いですが、環境で稼げなくなるなら、それだけの能力しかないということです。

会社で愚痴を言っても給料が上がらないのと同じで、業界の悪口を言ってもあなたのパチスロ収支が向上することはありません。

環境が変わったことに気付いて、今までの方法が通じなくなっていることも理解できているなら、後は自分が変化するだけです。