ギャンブル依存症

ギャンブル依存症の克服 完全に絶つか 負けないようになるかの2択

今日もギャンブルに負けて、自己嫌悪。

悔しかったり、お金のことが心配であったり、本当に辛いですよね。

僕も昔、大学受験のためのお金をパチンコに突っ込んで、試験を受けられなくなった事があります。

受験(するはず)の朝、母が、「頑張ってね」という言葉に、ものすごく罪悪感を覚えて泣きそうになったのを思い出します。

こういう思いは、もう2度と御免です。

では、どうやったら、ギャンブル依存症は抜け出せるのでしょうか?

ギャンブルを続けている僕からすると、方法は2種類しかないと思っています。

完全にやめるか、勝てる(負けない)ようになるかです。

この記事は、ギャンブル依存症を解決するための方法についてのギャンブルをする側からの意見です。

やめるなら2度としない覚悟が必要

ギャンブル依存症の解決方法に、こんな意見をいう人がいます。

「急にやめると、反動が大きくて、後々大変なことになるから、少しずつ回数を減らした方がいい」

なんだか、タバコをやめる方法やダイエットのための助言みたいですね。

はっきり言って、こんな甘っちょろい考えでやめられるわけがありません。

欲求というのは、基本的には増えるもので、減りはしません。

これまで欲求に任せて満たしてきたのに、これを味わいつつ減らすなんてことは、あなたにはできるはずはありません。

「この間はかなり我慢ができたから、今回はもう少し楽しもう」と、

いつも間にか元通り、というストーリーに落ち着くに決まっています。

これを読んでいるあなたは、痩せていますか?

痩せているなら、肥満の人を見てどう思いますか?

ダイエットと言いながら、あなたよりも多い量の食事をしていませんか?

「リバウンドが良くないから、今日は少し多くてもいい」

こんなのを見て、きっとこう思うはずです。

「こいつは絶対痩せられない」

「なんて自分に甘いんだ」

ギャンブルも同じです。

中途半端な対策は、絶対に上手くいきません。

タバコや食事のように、体や精神が欲するものは、味わえばやめられないのです。

となると、きっかけになるものは、完全に排除するしかありません。

ダイエットに成功して、今も継続して痩せている人は、今でも暴飲暴食はしていない筈です。

そういった食事のスタイルをずっと続けているから維持できるのです。

「ギャンブル依存症を解決したい」

やめる方向で実現するなら、やめた時から、一生ギャンブルをしないことが大前提です。

自信があろうと無かろうと、これができなければ、絶対に解決しません。

心配しなくても、ギャンブルをしなくても死にはしません。

世の中には、ギャンブルをせず、人生を楽しんでいる人もいっぱい居ます。

ということは、ギャンブル以外にも楽しいことはあるということですね。

続けるなら負けなくなること

こういう意見を言うと、ギャンブルを否定的に見ている人から批判を浴びると思います。

「ギャンブル=悪」なんだから、続ける選択はありえないというものです。

僕も、ギャンブル依存症で悩む人の解決策としては、やめてしまうのが一番良い方法だと思います。

ギャンブルで勝てる(負けない)人ならわかる意見に、

「しなければ(打たなければ)、回収率(期待値)100%」

というものがあります。

ギャンブルは、すれば儲かるチャンスが生まれますが、しなければ失うリスクもありません。

なので、やめることで確実に回収率100%を目指すのが、一番堅い解決策です。

でも、それがどうしてもできない。

何度チャレンジしても、欲求に負けてしまう。

そんな人には、今よりも負けない方法を覚えてもらうほかありません。

ギャンブル、特にパチスロで勝てている人は、ギャンブル依存症が重度になる前に、勝ち方を覚えたおかげで助かったという人は多いと思います。

このブログで紹介しているように、ギャンブルは、何の工夫もなく向き合えば、大金を失うリスクが高い一方で、正しく理解して正しく処置をすれば、生活を脅かすほどの状況は避けられるものです。

実際、僕は普通にサラリーマンとして会社に所属しながら、時間があればギャンブルを続けていますが、生活の破綻とは無縁です。

半分自慢に聞こえるかもしれませんが、会社での立場もわりと良く、出世もかなり早いですから、仕事との両立もできています。

ギャンブルは、少ない回数では、結果として運もありますが、長い目で見れば運の要素はありません。

あなたが、生活に影響してしまうほど、借金をしてしまうほどに負けるのは、やり方に問題があるのは明白です。

その違いを受け止めて、理由を知り、仕組みを理解した上で、正しく行動すれば、今よりも収支の向上を体感するのは、ちっとも難しくありません。

ギャンブル依存に悩む人は、ギャンブルへの正しい理解が不足しているのが共通の問題で、その理解も似たような傾向があります。

ギャンブルを継続できている立場からすれば、「何がそんなに難しいのか?」というのが本音で、「たかだかギャンブルで人生を棒に振るなんてバカバカしい」と思います。

ギャンブルをどうしてもやめられないなら、前に進んで解決するしかありません。

まとめ

ギャンブル依存症は、生活を維持するためのお金が不足することが問題です。

害悪のきっかけになるので、一番はきっぱりとやめてしまう事、どうしてもやめられないなら、負けないようになることです。

やめてしまえば、ギャンブルのことを今後考える必要はなくなります。

また、正しい理解と負けないことが実感できれば、これまでとは逆に、お金に困るような向き合い方は怖くてできないようになります。

一度、ギャンブルの勝ち方(負けない方法)を知り、体感することは、ギャンブル依存症をやめずに解決する唯一の方法です。

今、ギャンブル依存症で困っているあなたには、この2つの選択肢しか残っていません。