競馬の勝ち方

競馬で安定的に稼ぐには高配当はあきらめるべき

競馬を副業にしようと思っていろいろと試してきて、分かったことの一つに、オッズと的中率の関係性があります。

オッズの高さに比例して、的中率は下がります。

書いてしまえば当たり前のことで、「いまさら何言ってんだ?」

という話なんですが、これって結構理解はしていても馬券を買う時に考慮しないケースがほとんどじゃないでしょうか?

ここでは、高配当の魅力とリスクについて書いてみたいと思います。

万馬券は競馬最大の魅力の一つ

馬券の魅力の一つとして、超高配当馬券があります。

100円が1万円、10万円。

3連単の馬券では、1万円程度の馬券はむしろ低配当で、少し荒れれば10万円、場合によっては3桁馬券も現実的です。

パチンコやスロットだと、運が良くても10万、20万円くらいでが、競馬は1レースで年収くらいの配当もあり得ます。(ありえるだけで当たったことはありませんが・・。)

ある意味競馬を好んでするのは、こういう高配当が目的で、ただ遊びたいとか、堅実に勝ちたいのであればそもそも競馬は選択肢から外れると思います。
※そういえば、この間、競艇の広告で「競艇なら(3連単でも)的中率120分の1」という「うたい文句」を見ましたが、その分配当低いだろうなと思ったのは僕だけではないと思います。

僕も馬券を買うときのオッズを見て、「これが来たら百万円越えかあ」とか、「間違って来ないかな?」と思ったりするわけです。

まあ、結果的には、かすりもしないわけですが、競馬では、こういう非現実的なお金が稼げる可能性があること自体が魅力といえます。

投資として考えると当たらない馬券は無駄な支出

遊びの範囲、例えれば、宝くじで「当たるといいな」という感覚で楽しむならそれで問題ありませんが、

副業として考えると、当たらない馬券に投資し続けるのはどうなんだ?という話になります。

競馬の勝ち方として繰り返し言っている、「人気(オッズ)よりも実力が勝っている馬を探す」ことができていれば、

期待値的にはプラスでしょうが、実際に当たらないことにはお金は稼げません。

考え方としては、外れ続ける馬券も、「いつかは当たる」し、「当たったら外れ馬券代を回収できる」理論なので、長い目で見れば正解に違いありません。

でも、個人的には「副業」という以上、安定的に稼ぐことも考えなければいけませんし、そうでなければ「稼げる詐欺」になってしまいます。※いつか当たるはずだから、今は負けていても平気という意見は、負け組みのたわ言でしかありません。

まあ、試行回数が稼げないので、毎月プラスは難しいと思いますが、せめて数ヶ月、半年くらいの期間でプラスが出なければ、「副業」とは言えません。

個人的には、競馬で継続的に稼ぐのは難しいだろうという意見なので、半分あきらめていますが、遊び半分でも負けるのは嫌なので、ちょっとでも良いのでプラスにしたいのです。

100万円馬券を当てるには100万円以上の投資を覚悟しなければならない

競馬のオッズと的中率は、平均的にはちょっとだけ的中率のほうが低いことになります。

控除率の分だけ、的中しにくくなっているわけで、オッズ2倍の馬は、だいたい2回に1回より少し低い確率で来るのが一般的ということです。

オッズ2倍だと結構な割合で来る様な気がしますが、他のオッズでも理論的には同じことがいえて、100倍であれば、100回に1回弱の確率で当たる計算になります。(あくまで平均です)

ということは、100倍(万馬券)を当てようと思うと、100円ずつ馬券を買っても1万円以上使わないと来ないことになります。

10万円(1000倍)、100万円(10000倍)であれば、それに近い投資額になるのは普通のことで、手元の数千円で当たらないのは当然といえます。

さらに、パチンコ・スロットをする人なら感覚的にも分かると思いますが、100分の1の確率が100回の回転数で当たることは、むしろ運が良いほうです。

319分の1のミドルタイプのパチンコで1000回転ハマることは普通にあります。

4分の1で当選するパチスロの子役が10回連続スルーなんてことも珍しくもありません。

つまり、万馬券を当てるには確率以上、場合によっては何倍もの投資が必要になる可能性もあるということです。

仮に100万円の馬券を買い目に入れていれば、この先ずっと当たらずに10年後、100万円分の1万倍の馬券を購入したところで、101万円の当たりを得るかもしれません。

そうであれば結果はプラスですが、稼いでいるとは言えません。

また、500万円の馬券であれば、自分が死ぬまで当たらず終わることもあるかもしれません。

いくら期待値が高くても、どれだけ正しい馬券の買い方でも、当たらなければ利益とならないことは理解しておく必要があります。

おわりに

競馬では、期待値は高配当の馬券に多い傾向がありますが。トレードオフの関係でなかなか当たりません。

お金に余裕があれば、買い続けるのも作戦の一つですが、多くの人はそこまで資金が持たないでしょう。

ネット投票では、オッズにフィルターが掛けられますから、思い切って超高配当馬券は買い目から外すことも、収支を安定させるためには必要かもしれません。