パチスロの勝ち方を分かりやすく説明します これで勝てないならあきらめてください

今日もパチスロで負けてしまいましたか?

パチスロで勝てる人もいるのに、どうして自分だけは勝てないのでしょう?

あなただけが極端に運が悪いのでしょうか?

お店があなたに意地悪をしているのでしょうか?

違います。

単にあなたが負けるやり方でパチスロを打っているだけのことです。

世の中にはたくさんの種類のギャンブルがありますが、パチスロはその中で最も勝ちやすく、誰にでも勝てる唯一のギャンブルです。

もはや、ギャンブルというよりも、比較的リスクの高い投資と言っても良いくらいで、長い目で見れば、必ずプラスになる理論が存在します

でも、これだけ勝つための理論が分かっているのに、いまだに間違った認識を持っている人や、詐欺みたいな理論を紹介しているブログなどもあるので、騙されないようにしてください。

ここでは、パチスロで勝てない人に向けて、少しでも理解してもらえるように分かりやすくパチスロの勝ち方を説明します。

パチスロで勝つイメージの勘違い

パチスロに限らず、「ギャンブルで勝つ」というのは、たくさんのお金がジャンジャン出てくるようなイメージが強いと思います。

パチスロの勝ち方についても同じで、詐欺のような情報を載せているサイトやブログでは、打つたびに何万円も稼いで、毎日豪遊できるような印象を与えています。

でも、よく考えてみてください。

毎日5万円、10万円と勝てるなら、とっくに億万長者ですよ。

たしかに、パチスロで勝つのは難しくはありませんが、お店に行くたびに連戦連勝、笑いが止まらないくらいに出玉が付いてくるようなことはありません。

勝ったり負けたりを繰り返して、時給にして、1000円、2000円が稼げるなら御の字といった様子が本来の姿です。

パチスロという業界がダークなイメージがあるからなのか、「何か秘密がある」といった、根拠のない情報を信じないようにしてください。

実際には、かなり地味な作業を繰り返して、僅かな利益を得る、そんなイメージで勝つのがパチスロの勝ち方です。

パチスロで勝つのはかなり簡単

パチスロは特殊な技術がなくても勝つことは可能です。

まずは、なぜパチスロが勝ちやすいのかをその特徴から説明していきます。

機械相手であること

これはかなり重要なファクターで、抽選が常に一定の確率で行われることは、とてもフェアな条件です。

マージャンや花札、カードゲームのように相手が人である場合は、全く同じ状況でも、人によって判断が違ってきます。

その点、パチスロでは抽選は全て機械が行うので、必ず想定の範囲で納まりますから、ここが他の勝負事と決定的に違う有利なポイントです。

控除率が低い

パチスロの機械割を見れば、よく分かります。

設定1でも97%程度はあります。

もちろん、試行回数が他の勝負事とは比べ物にならないので、単純な比較にはなりませんが、これはかなり優遇されているファクターです。

ちなみに公営競技(競馬、競輪、競艇など)は控除率20%以上、年末ジャンボのような宝くじに至っては、50%程度なので、その差は歴然です。

世間ではパチンコスロットが悪玉みたいに言われますが、宝くじこそぼったくり商売で非難されるべきだと思います。

技術介入要素がある

ひと昔前のパチスロ技術は「目押し」でした。

リールをピッタリ止める(ビタ押し)技術があれば、出玉(メダル)を損しないので、低設定でも勝つことができました。

この技術で勝てる機種はほとんどなくなってしまいましたが、今はゲーム数管理で勝つ要素があります。

いわゆる天井で、大きくハマった時の救済措置としての機能です。

ゲーム数と儲けを数値的に表すとなんとなく難しく感じられますが、早い話が、天井=当たりで、天井に近いほど投資がかからないので負けにくくなるということです。

現世代の6号機では、技術介入としてはこのゲーム数管理がほとんどで、初心者でもできる為、勝つためのハードルはかなり低い状況です。

パチスロで勝てない人は考える副業に向かない

このように、パチスロで勝つのはかなり簡単です。

単純にいろんなサイトに載っている打ち始めと止め時をきちんと守れば、金額は別にして、トータルで負けることはありません。

少なくとも、パチスロで負けて、借金をしてしまうとか、1年で50万円も負けるとか、生活を脅かすような負けは、ほんの少しやり方を工夫すれば避けられます。

それでも、どうしても勝てないということは、正しいやり方を守れないということですから、こういった勝負事はもとより、自分で考えて、判断するような副業に向いていないと思います。

突き放すようで申しわけありませんが、そういう人は普通のアルバイトのように組織に所属して、日当や時給を得られる仕事の方が向いていると思います。

パチスロで勝つためのお金の管理

出入りする金額

パチスロは、投資として考えましょう。

ただ、銀行預金や保険の積み立てと決定的に違うのは、元本の保証がありません。

その点ではFX先物取引などと同じで、ハイリスクハイリターンです。

したがって、出て行くお金も大きく、連日の仕事帰りや毎週土日にフル稼働すると、数十万円の出入りが普通にあります。

普通に生活していたらありえないお金が出入りしますし、基本的には現金が動きますから、慣れない内はかなり精神的にキツいかもしれません。

リスクは高いのだということは覚悟してください。

生活費と運用資金は分けて考える

普通に生活していたら動かない金額が出入りするので、財布の中身が数時間でなくなるなんてこともありますね。

逆に大勝ちして財布の中身がパンパンになることもあります。

これが結構くせもので、お金があるからと大きな買い物をしてしまったり、財布の中身がなくて生活費のためにお金を下ろしたりして、管理がいい加減になってしまいがちです。

そうならないためにも、パチスロで管理するお金と生活費は分けておきましょう。

勝っても負けても普段の生活は変えない

ハイリスクハイリターンの為、実際の金額は大きく動きますが、計算上ではそれほど大きなお金は動きません。

つまり、勝って手元にあるお金は、計算上そこまで多くないかもしれませんし、失ったお金もそれほど大金でないかもしれません。

勝った時、お酒の好きな人であれば、飲食などで豪遊したり、堅実な人だと物にして残すという考えもありますが、いずれも間違いです。

手元にあるお金は、計算とは一致しないので、一時的に得たお金を使ってしまえば、その後の運用資金が足りなくなる可能性が出てきます。

逆に負けたからといって、生活費を削ってみじめな思いをする必要もありません。

正しく向き合えば、基本的には計算どおりにお金は増えていきますので、ある程度経って増えたお金を貯めるなり使うなりすれば良いと思います。

収支の記録

きちんと収支をつけていれば、相応のメリットを得られます。

機種やお店ごとの勝率や金額、月次、年次の収支も後々になって分かると対策も立てやすくなります。

やはり付けるに越したことはありません。

ただ、パチスロで負けが込んでしまうような人は、最初からあれこれやらなくてはと思うと長続きしません。

僕自身の考えとしては、自分自身がその気にならないと何でも定着しないだろうと思っているので、収支に関しても強制はしません。

まずは勝てる様に、負けないようにすることが目的なので、収支についてはその後でも十分かなと思います。

勝てる様になってくると、自然と収支が気になって、自分から付けたくなるものです。

具体的なパチスロの勝ち方

お店選び

お店選びはとても重要です。

天井狙いでもベース設定によっては期待値が全く違ってきますし、客層によって勝ちやすさは雲泥の差です。

ある程度簡単に勝てることを目指しているので、過剰な労力と時間をかけることはお勧めしませんが、それでもお店の選択で結果が大きく変わるのは間違いありません。

基本中の基本として、

・交換率
・客付き
・新台入れ替えの状況
・設定状況

くらいは把握しておきたいところです。

収支をつけているなら、お店ごとの勝ち負けと金額を記録して、良い結果が出ないようならホームの変更も考えましょう。

台選び

僕の苦手なところでもあるんですが、機種の好き嫌いが激しすぎて打てない(打たない)台があると可能性が狭まります。

勝ちにこだわるなら、判断材料は期待値の高さだけが望ましいと思います。

「今日は北斗の気分じゃない」

「新台を試し打ちしたい」

などという感情で判断するのはもってのほかです。

それと、基本的に(大前提?)設定に期待はしないでください。

確定演出が出れば別ですが、示唆演出程度で

「高設定かもしれない(違いない)」

とか考えてその台を打ち続けると必ず負けます。

止め時

機種によりますが、基本的に即止めです。

天井狙いの基本ですが、なるべく天井(当たり)に近いところから打って、遠いところで止めます。

出玉が多かろうと少なかろうと、中途半端が一番負けます。

負ける人がやりがちなのが、

「出玉が50枚しかなかったから飲ませてしまおう」とか、

「まとまった出玉があるしもうちょっと回してみよう」

といって、数十ゲーム、数百ゲーム回して止める行為です。

たったメダル50枚と言いますが、等価交換なら千円です。

これだけあれば、2日間お昼ご飯が無料です。

上手くいけば、晩ご飯にス○ローに行けます。

50枚も10回やれば500枚、20回なら1000枚です。

計算は基本的に掛け算で先を見据えてしてみましょう。

店員さんには遠慮せず、余ったメダルは、会員カードを作っておいて、貯メダルすることをお勧めします。

パチスロをする上での精神

パチスロは副業と割り切る

本業もそうですが、基本的にパチスロはお金を稼ぐ手段です。

もしパチスロが勝てないなら続ける意味はありません。

お金を稼ぐことを目的ですから、儲からないならやめるべきです。

あなたが、給料のもらえない会社で働かないのと同じです。

パチスロは遊戯ですから、当然楽しいですが、お金を稼ぐ手段であるなら、儲かるかどうかが判断基準です。

遊びから入るのは問題ありませんが、パチスロを打つことが目的になってしまうと、やめられなくリスクもあります。

いわゆる依存症です。

ブログでパチスロを紹介しておいてなんですが、たかだかパチスロ、たかだかお金の問題で、人生を崩してしまうのでは本末転倒です。

お金は大切ですが、人が幸せになる一つの手段ですから、不幸になることのないよう、パチスロの楽しさにのめり込まないようにしてください。

金銭感覚を保つ

パチスロなど勝負事の趣味をしない人からすると、信じられないような大金が短い期間で動きます。

慣れというのは怖いもので、僕も学生時代には2万円負けて本気で泣いていたのが、今では、月次の収支がマイナス20万円でも、ぐっすり眠ることができます。

大きく負けていても平静を保つことは、勝つためには大切で、必要なことでもあります。

ただ、お金に対する考え方は、大切なものという認識を失ってはいけません。

メダルは1枚20円です。

6枚ほどでジュースが買えます。

20枚でお昼ご飯が食べられます。

ジャグラーで1回、2回と当たれば、月の電気代も払えるのです。

ついつい麻痺してしまう金銭感覚ですが、お金の価値は正しく認識するようにしましょう。

打てないときにどうするか

情報社会が進んで、たくさんの人がパチスロの勝ち方を知るようになりました。

天井狙いも、大半の人が知識としては知っているはずです。

ひと昔まえなら、ホールに行けば打てる台が何かしらありましたが、今は打てないことの方が増えました。

今後は勝つためには、我慢できることが重要になってくると思います。

パチスロが遊びであるために、打ちたくなります。

副業と割り切って我慢できれば期待値を積み上げられますが、理由をつけて打ってしまえば、儲けは出ません。

パチスロだけでなく、併設のパチンコで期待値を稼ぐ方法や、本やマンガを読む、ブログを書く、他の副業を学ぶなど、時間を有効に使えないとこの先は厳しいかもしれません。

先のことは分かりませんが、今の打てる機会の減少を体感すると、将来的にはパチスロで稼ぎ続けるのはかなり厳しい状況です。

まとめ

あれこれ書いてますが、パチスロは天井に近いゲーム数で打ち始めて、原則即止め、出玉は全て回収する。

これさえ守って、余計なこと(設定狙いなど)をしなければ必ず勝てます。

もちろん、機種によって、打ち始めと止め時に差はありますし、人によっても多少は判断が違ってきます。

それに5号機以降、そもそも打つ台が見つからないなど、打てない状況の方が深刻かもしれません。

それでも、これだけ確実に勝てる方法が確立されている勝負事もないので、利用しない手はありません。

あまり難しく考えずに、余った時間で天井狙いを繰り返すくらいの気持ちで接していれば、自然にお金が儲かる副業です。