競馬の勝ち方

競馬では購入対象のレースと馬を明確にしましょう 妥協するのはただのファン

今週の競馬は、結局当たりは取れませんでした。

土曜日は対象レースが2つ

片方はかすりもしないで、もう片方は軸馬が当たりましたが、ヒモが狂ってスルーでした。

日曜日は、対象レースにするだけの条件が揃わなかったので、馬券購入は見送り。

結局土曜日に投資した1万5千円の負けで確定しました。

競馬をする人は、基本的にギャンブル好きで、日曜日のレースを残してスルーすることはないと思います。

しかも、土曜日に負けていれば尚更でしょう。

ただ、買わなくていい場面で買わないことは、この先競馬で結果を残すためには必要なことだと思います。

ここでは、馬券で妥協したときのデメリットについて紹介します。

馬券はデジタル化することが最初の一歩

ただの競馬ファンなら、好きなレースを好きなように買えばいいのですが、勝ちを目指すなら、競馬をデジタル化する必要があります。

感情に任せた馬券購入をすることは、デジタル化することを阻んでしまいます。

その買い方が正しいのか、間違っているのかはわかりませんが、まずは、自分の買い方、条件を明確にしましょう。

その上で、決めた買い方、条件は変えずに継続してください。

そうしないと、どこかの時点で続けてきた買い方、条件を見直すとき、正しいかどうかが判断できなくなります。

デジタル化を阻む要素

馬券を当てたいという欲求

馬券購入対象のレースや馬は、人によって異なると思います。

競馬はパチンコ・スロットと違って、生き物が対象なので絶対に正しい買い目というのは存在しません。

※ただ、明らかに人気の被った馬を中心に買うことや、断トツに人気のない馬ばかりを狙うことは、過去のデータや馬券購入者の心理などから、かなり高い確率で間違いです。

それでも競馬を投資の対象として、継続的に続けるなら、最も避けたいのは、アナログ的な馬券購入です。

例えば、

1番人気の単勝が1点台だったらそのレースは買わないと決めていたのに、他にめぼしいレースがないから、ちょっと買ってみよう。

牡牝混合のレースでは、牝馬で場体重が420Kgを下回る馬は購入対象にしないようにしてきたのに、厩舎コメントが強気なので今回は買い目に入れた。

これらは、

「馬券を当てたい」

という欲求からきています。

出馬表や競馬関連の記事を読むと、ついやってしまいますが、競馬で勝ち馬を予想するのは意味がありません。

馬券を当てるための欲求を持たないように心がけましょう。

その日の収支を気にしない

競馬だけでなく、パチンコもスロットも、あらゆるギャンブルで負ける人の特徴は、短期的な発想です。

パチンコを打ちに行って、羽根物で1万円負け、その後パチスロを打って3万円負け、最後に負けた4万円を取り戻すために、デジパチのパチンコで大勝負というのが良くある流れです。

確率の問題なので、稀に負けが帳消しになったり、大きく勝つこともあるでしょう。

とてもドラマチックな展開で、次の日に自慢したくなるかもしれません。

でも、これはその時の結果でしかありません。

馬券購入で言えば、負け続けたその日に、最終レースで大勝負をすることがこれに該当します。

それまで自分の決めたルールを守って馬券を買っていたのに、負けて終わるのがイヤだったので、妥協して最終レースで馬券を買ってしまう。

競馬はこの先も続きます。

そこで無駄なお金を使うのではなく、別の機会に決めたルールの上での投資にしましょう。

保険をかけない

決めたルールでは対象にならない馬で、いかにも外さないような馬。

最近だと、一流の騎手が乗る場合でしょうか。

例えば、1番人気のルメール騎手は、ほとんど鉄板に近いため、無条件に買い目に入れたくなります。

最初の馬券を当てる発想に被りますが、外すのが怖いので、保険の馬券を買ってしまうのです。

1番人気のルメール騎手だと、3着内率が5割程度で、1番人気ならもっと高い数字になります。

かなり高い確率で、

「買っておいて良かった」

となるわけですが、これをするとかなりの確率で、

「競馬は勝てない」

となります。

誰もが考える馬券は、その時点で負ける馬券です。

いい思いをした回数ではなく、最終的の儲かっているかが重要です。

もちろん、ルメール騎手=負けということではなく、期待値の低い馬券は、堂々と購入を見送る必要があるという話です。

買い目を増やせば、その分投資も嵩むので、外れた時の損失も大きいですし、当たった時の返しも少なくなりますからね。

まとめ

久しぶりに競馬で買い目のない日があったので、気になったことを記事にしてみました。

パチンコ・スロットもそうですが、ギャンブルで勝つには、きちんとした理論と自制心が不可欠です。

ルールにしたがって行動できるようになれば、自分のどこが間違っているかを正しく反省できます。

結果が出ないときには、それまでを見直して、より正しい方法を試せますが、一度でも例外を作ると、曖昧な反省しかできずに、ステップアップもできません。

ギャンブルに依存しないためにも、日ごろからギャンブルを楽しむのではなく、あくまでお金のための手段と考えて、自分のルールを作って、きちんと守りましょう。