競馬の勝ち方

卍指数の評価 平均回収率を上回るのは確実だが、利益までは出ない

競馬の勝ち方として、卍氏の理論を、ぼくなりに紹介してきましたが、実際のところ、回収率的に効果はあるのかが気になるところだと思います。

ぼくは、実際にこの理論で競馬を副業にしてみようと、試行錯誤をしてきましたが、今のところ、利益は出ていません。

ただ、JRAの控除率を差し引いた回収率、要は平均の回収率は上回ることができるようになりました。

ここでは、これまでの経過と結果を、順を追って紹介してみたいと思います。

馬券購入の判断材料と傾向を調べてみた

当初は、卍氏の理論であれば、独自に取り組んでも、それなりに勝負になるだろうと考えて、自力で競馬の期待値を探ってみました。

まずは、JRA-VANというサイトから、「JRA-VAN データラボ」に登録(有料)して、「TARGET」というデータベースをダウンロードしました。

⇒JRA-VAN公式サイト

このソフトはJRAの過去のレースデータで、フィルターをかけると条件ごとの勝率や回収率が調べられます。

このソフトを使って、馬券購入に使われそうな判断材料ごとに傾向を調べました。

材料ごとに傾向がある場合は、その理由も推測して、理由付けのできるものは利用し、できないものは無視しました。

この理由付けというのは、傾向が出ている事実に対して、「なぜ」の説明ができるかということです。

例えば、父馬がディープインパクトの場合、勝率は高いけれど、回収率は低い傾向があります。

これは多くの馬券購入者が父馬がディープインパクトだからという理由で買い目に入れているからだと推測できます。

こういった推測が成り立つケースがほとんどですが、中には傾向はあるけど理由が分からないとか根拠が弱いケースがあります。

例えば、夏競馬では牝馬の成績が良くなる傾向があります。

「夏は牝馬」という格言?があるくらいですから、何らかの理由があるとは思うのですが、はっきりとした理由、根拠のある説明ができません。

こういった傾向は馬券購入の判断材料としては考慮しませんでした。

自力で期待値を調べた結果は?

競馬をする人なら分かると思いますが、馬券を買うときの判断材料って、ものすごくたくさんあります。

着順、着差、走破タイム、牡牝に馬体重、騎手に馬場適性、距離適正、馬齢、種牡馬・・・。

一通り調べて、判断材料ごとに点数を割り振ります。

例えば、前走1着で、走破タイムも速い、騎手も一流という場合は、オッズが下がる傾向が強いのでマイナス評価になります。

逆に、前走6着、走破タイムはそこそこ、騎手も中堅どころというように、いまいち決め手のない馬は注目されにくいのでプラス評価になります。

実際には、判断材料の種類や傾向によってポイントを変えて、傾向が強い場合はプラス5点、僅かなら1点、逆にマイナス要素はポイントを引いて、自分なりにある程度数値化して、出走馬にポイントを付けました。

やってみた結果ですが、平均的な回収率(75%~80%)よりは良い数字でしたが、利益は出ませんでした。

上手くいかなかった要因が幾つか考えられます。

①時間がかかる
期待値の傾向を調べるのも相当な根気が必要でしたが、毎週出馬表と向き合って、ポイントを割り振るのも相当な労力でした。
馬券購入の判断材料が多いので、3場開催になると36レース分の作業になります。
全馬を対象にすると、途中で嫌になって、ポイント付けの作業に集中できません。
根気よく続ければ結果に繋がった可能性もありますが、継続するのは現実的ではありません。

②期待値の妥当性が怪しい
傾向を調べて理由付けもしましたが、所詮は素人の作業です。
調べた数値が馬券の期待値に有効かどうかは保証がありません。
理論的には間違っていないと思いますが、勝つほどの方法ではないようです。

この取り組みは1年半ほど続けてみましたが、平均を上回ることはできても、控除率を上回って利益を出すことはできませんでした。

卍指数と活用術の導入

自力だと、ポイントを割り振るだけで時間と労力がかかりすぎるのと、なにより結果が出ませんでした。

そこで、自力での取り組みはあきらめて、卍指数を購入してみることにしました。

卍指数は、毎週開催日の前日(主に金曜と土曜)夕方に馬ごとにポイントをつけて配信されます。

概ね100点を基準として超えていれば期待値がプラス、低ければマイナスという具合です。

大きく上回っているほど過小評価されている可能性が高く、下回っているほど過大評価されているということになります。

ポイントのつけ方はブラックボックスですが、基本的には馬券購入の判断材料ごとに傾向を見てポイントを振っていると思います。

これまでのポイントを割り振る労力と、ポイントの精度の問題をお金で解決しようということです。

ここで、ついでに指数の配信とは別に、具体的にどういったルールで利用するかも知りたいと思い、「活用術」も購入してみました。

要は、これまで自力で行ってきたものをすべて丸投げしてみようと思ったのです。

実際に運用する上で大変なのは、買い目が多いことです。

対象レースはある程度絞れますが、3連単の馬券などは、100円ずつ買っても1週で10万円超の資金がいるので、まともな金銭感覚だと恐ろしくなります。

さすがに3連単をコンスタントに購入する勇気はなかったので、3連単以外の券種を対象に購入を続けました。

結果的には回収率8割~9割程度になりますが、やはり利益を出すまではいきませんでした。

これは1年ほど続けてみたのですが、8割は超えるので、平均的な競馬の収支よりは明らかに優秀です。

でも、副業として競馬をしている以上、半年、1年で利益が出ないようでは不十分です。

結果が出ない理由としては、指数と活用術を利用する人がいるので、同じ買い方をする人も一定以上いることでオッズが下がること。(推測)

それと活用術は、レース結果に対する実績なので、事前に購入する時点とは買い目が異なる場合があります。

馬券を購入するまでの時間と労力の問題は解決しましたが、やはり利益が出ない問題は解決しませんでした。

卍指数の結果と評価

卍指数自体は、高いほど回収率が高くなるのは間違いありません。

ただ、単純に高い指数の馬だけを買っても結果は出ません。

実際のレースでは、全体的な傾向として指数の高い馬の成績は優秀でしょうが、常に指数上位の馬だけが好走するわけではありません。

指数の高い馬が好走するのはあくまで「傾向」であって、レース単位で見ればその差はわかりにくいものです。

長い期間を経てようやく数値の差が出てくるもので、短期間だと運の要素がかなり大きいと思います。

今現在は、この指数を使って、独自の買い方で結果が出ないかを検証していますが、パチンコやスロットの様に月単位で利益を出すのは難しいだろうと思います。

なんだかんだ言っても、やはり控除率20%の壁は高いです。

昨年の実績だと回収率97%で過去最高でしたが、100%を超えない限りは負けですから。

もし、中央競馬が控除率10%程度で運営してくれたら、かなりの確率で副業になると思いますが、今のところ競馬を副業にするのは、かなり難しいと言わざるを得ません。

おわりに

これまでに競馬に取り組んだ副業としての競馬の経過と卍指数の評価を紹介してみました。

正直なところ、競馬の収支向上は十分に可能ですが、勝つのはかなり難しいでしょう。

したがって、副業として誰にでも可能なものとして競馬をお勧めすることは適切とは思えません。

ただ、回収率が平均よりも優秀にする理論としては実証できていますから、卍氏の理論は正しいと考えていますし、その延長線上に勝ちもあるのだと思っています。

また、個人レベルで競馬の人気と実力を測るのは難しく、この理論で勝ちたいのなら、卍指数の取得は不可欠でもあるとも思います。

個人的には競馬が好きなので、勝つための取り組みは続けるつもりで、収支の向上に役に立つ記事は今後も書いていきたいと思います。