コラム

<コラム>パチンコ・パチスロ最後の頼みはハネモノだけ 投資がかさむとまず勝てない

月に10万円くらい普通に稼げていた5号機時代がウソのように最近はまったく勝てません。

AT、ART機の天井狙いはそもそも打てるレベルの台が落ちないので、仕事帰りの稼動はもっぱらAタイプの設定狙いかパチンコということになります。

でも、デジパチは釘が渋すぎて、試し打ちをするまでもなく、Aタイプも収支を確認するとほとんど儲けになっていません。

Aタイプの稼動は去年よりも確実に増えていますが、収支的には大してプラスになっていないということは、思ったより設定を使っていないのかもしれません。(単なる収支のムラの可能性もありますが・・。)

正直この程度しか稼げないなら他の仕事をしていた方がマシというレベルなので、今後Aタイプの稼動はボーダーラインを上げるか、止めてしまうかと悩み中です。

唯一希望の光があるのはパチンコのハネモノで、トキオスペシャル(トキスペ)オンリーですが、今年の収支がプラス桁を大きく超えています。

収支を付けるときには、5百円単位で端数は切り捨てているので、実質はもう少し稼げているはずで、たくさんの機種を打っている中で抜群の貢献度です。

ハネモノ自体はどのお店も大して大事にはしていないでしょうが、わりとどのお店も1,2台は設置があるのと、クセの優秀な台は釘を絞っても勝負になります。

また、設置期間も長いですし、ライバルが少ないので、いつでも座れるメリットもありますし、最初の千円くらいで勝てる見込みが付きやすいのも助かります。

千円、2千円入れて3千円、4千円を回収するような地味な作業で、ギャンブルとしては面白くないかもしれませんが、副業として考えると高い勝率のおかげで計算が立ちやすいのも魅力です。

個人的にハネモノを若い時代にひたすら楽しんだ世代なので、ゲーム性が好きなことも手伝って、最近はこればっかり打っている状態です。

デジパチは釘のせいで打てる機会がかなり少ないですし、パチスロも天井狙いができないのと、投資が2万円程度にまで膨らむと、ほぼその日の勝ちは難しくなるので、とにかく低投資で勝負になる方法が必要です。

たまに最初の5百円で3箱くらい出玉が付いてくることもあるので、ハネモノもバカにはできませんしね。

デジパチやパチスロで収支がひどいことになっているなら、一度ハネモノにも触ってみると良いかもしれません。